MRI検査 最新のオープン型MRIによって、開放的な、圧迫感の少ない環境で検査が受けられます。
先進的な医療と患者様中心のまごころで、お付き合いさせていただきます。
医療法人社団清靖会木村病院は精神医療を長年行なって参りましたが、超高齢化社会の到来により、今までの方法だけでは解決できない諸問題が生じて来ています。このため、身体面のみならず、患者さんの抱える諸問題を個別的に精神・心理面や社会面からもとらえて診療する全人的医療を実践し、地域に根ざした「いつでも身近にある病院」を目指します。

先進的な医療である「光トポログラフィー」と<br />
						「TMS(磁気刺激装置)」による治療を取り入れていきます。

先進的な医療である「光トポログラフィー」と
「TMS(磁気刺激装置)」による治療を取り入れていきます。

光トポグラフィー検査は、脳の血流量の変化を波形という客観的な形にあらわし、うつ病などの診断を補助する検査で、心の病気の客観的な指標として注目されています。また、TMS(TranscranialMagnetic Stimulation)は、様々な神経疾患に対する予後予測に役立つと言われております。殊に脳梗塞、脊髄損傷、多発性硬化症や運動ニューロン病の患者への応用が注目されています。 木村病院では、これからも様々な先進的な医療を取り入れることで、患者様の治療意欲の向上や早期発見・早期治療に役立てていきます。

photo

新着情報

  • 26.04.23
    外部講師を招いて「院内研修発表会」を行いました。 
    • 院内研修発表会は医師や看護師の技術向上を目的に年二回のペースで開催していましたが、 東日本大震災以後、中止しておりました。今回、3年ぶりに外部講師を初めて招き開催を再開致しました。
      講演テーマは「口腔ケアの基礎知識」で、参加した医師や看護婦、スタッフらは真剣な表情でメモを取りながら話に耳を傾けていました。
      講演に続いて行われた「研修発表会」では、各病棟から研究成果の発表が行われ、院内の技術向上を目指しました。
  • 25.12.10
    新型のCT装置(16列マルチライスCT装置)を導入しました。 
    • この新しいCT装置は空間が広く検査を受ける方への圧迫感が少なく、また、従来に比べてより短い時間で撮影ができ、より低被ばくで検査ができます。

  • 25.08.01
    新型のオープンMRI装置を導入しました。 
    • 当院では、新型のオープンMRI装置を導入しており、開放的な圧迫感の少ない環境で検査が受けられます。MRI検査の依頼を受け付けております。詳しくは地域医療連携室(TEL 0229-22-1608(代表))までお問い合せください。

  • 25.07.31
    インフルエンザ・ノロウィルスなどの感染症対策の一環として空気清爽器を設置 
    • 当院では、感染症対策の一環として各病室、廊下などに空気清爽器を設置いたしました。

  • 25.04.06
    心療内科開設について 
    • 4月6日より「心療内科」を開設しております。
      検査では異常は見つからない、でも身体の調子がすぐれないなど、何らかの症状が身体に出ているときは心療内科の診察を必要とする場合がありますので一度ご相談ください。
  • 25.04.01
    岩手医科大医学部 高橋純子先生が、三本木婦人会・大崎市三本木地域交通安全母の会開催の講演会において再び認知症について講演 
    • 3月26日に、三本木婦人会と大崎市三本木地域交通安全母の会合同の2013年度総会の講演会において、講師として当病院が招聘させて頂いた高橋先生が、「認知症との向き合い方」と題して講演をおこないました。
      参加された方にわかりやすい話し方と内容で、約100名の皆さまが熱心に聞き入っていました。
      当病院では、「いつも身近にある病院を目指して」を実践すべく、予防医学の勉強会など地域に根差した活動に取り組んでいきます。
  • 25.02.01
    次の時代を担う看護師育成のため奨学金制度創設
    • 当病院では、看護学校に通う職員を対象にこのほど奨学金貸与制度を設けました。目標を持ち努力している職員のサポートになればと思っています。また、看護学校に在学中の看護師を目指している方で、当病院での就労をご検討の方も担当者までお問い合わせください。
  • 25.01.30
    岩手医科大医学部 高橋純子先生が、古川地域婦人団体連絡協議会・古川地域交通安全母の会連合会開催の研修会において認知症について講演
    • 1月26日、古川地域婦人団体連絡協議会と古川地域交通安全母の会連合会合同の新年研修会が開催され、講師として当病院が招聘させて頂いた高橋先生が、「認知症との向き合い方」と題して講演をおこないました。
      高橋先生は、「認知症の人は、記憶を忘れても感情は残っている。優しく接してあげれば安心感を与えることができ、同じ過ちを繰り返したり、理解できなかったりするお年寄りも心地よくいられる。反面、厳しく当たってしまうと、恐怖感や不快感が募り、介護の拒否や暴力への悪循環になってしまうこともある。家族の方が介護するうえで重要なことは、共倒れにならないよう、完璧を目指さず、ゆとりを持つことが必要。」などと話されました。出席者は約200名。
  • 24.11.08
    当医療法人社団清靖会の廣井正彦理事長が秋の叙勲を受章
    • 廣井理事長は、山形大学医学部初代教授(産婦人科)、山形県立保健医療大学長などを歴任しておりますが、このたび瑞宝重光章を受章し、「今後も、医療の充実のために尽力したい」と述べております。
    • >>内閣府 平成24年度秋の叙勲受賞者名簿はこちら
  • 24.10.02
    岩手医科大学医学部神経内科・老年科分野教授 寺山靖夫先生のご講演
    • 当院では職員の資質の向上を心掛けておりますが、このたび、寺山靖夫先生を当院にお招きし、認知症についてご講演をいただきました。
      大変内容の濃い、示唆に富んだお話をお聴きすることができ、職員からは、是非もう一度寺山先生のお話をお聴きしたい、との要望が多く寄せられております。

  • 24.09.27
    光トポグラフィー装置を導入
    • うつ症状の診断の正確性を高めるため、このたび、光トポグラフィー検査装置を導入致しました。検査の日程や、検査予約のお申込方法などにつきましては、あらためてご案内させて頂きます。
      >>施設のご案内はこちら
  • 24.07.09
    職員のユニフォーム一新
    • このほど、各部署のユニフォームを一新致しました。
      人工透析の開始にはじまり、木村病院はこれからも患者様のニーズにお応えできるよう、様々な医療サービスを提供していきます。
      新たな気持ちで医療に取り組んでいく、という考えを具現化するための一つの取り組みとして位置づけ、ユニフォームを一斉に変更しました。木村病院は今後も進化していきます。
  • 24.06.25
    人工透析室始動
    • かねてより準備を進めておりました人工透析室が、他の医療機関より患者様をお迎えし始動致しました。複数の医療機関からお問合せを頂きお待たせしておりましたが、随時受入が可能になりました。
      地域の患者様およびご家族のニーズにお応えできる医療機関として、関係機関や地域の医療機関と連携を図りながら、更により良い医療を提供して参ります。>>詳しくはこちら

  • 24.05.25
    地域医療連携室開設 tel:0229-22-4508
    • 平成24年5月25日から地域医療連携室を開設いたしました。これを機会に、地域医療機関や保健福祉機関との相互関係を深め、患者様、ご家族様の様々な問題解決に取り組み、安心できる医療サービスを提供し、患者様の社会復帰を相談員がお手伝いいたします。お気軽にご利用下さい。 >>詳しくはこちら

▲このページのトップへ

木村病院

〒989-6142
宮城県大崎市古川中島町1-8
TEL:0229-22-1608
FAX:0229-22-2249

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

休診:土曜日の午後・日曜日・祝日

平日の受付時間:8:00〜11:00/13:00〜16:00

土曜の受付時間:8:00〜11:00